政府は14日、成長戦略策定の司令塔となる未来投資会議(議長・安倍晋三首相)を開き、医療・介護分野での情報通信技術(ICT)活用について議論した。首相は「新しい医療を次の(2018年度)診療報酬改定でしっかりと評価する」と表明。インターネットを使った遠隔診療の利用を促すため、病院などに医療保険から支払われる診療報酬の増額を検討する考えを示した。
 遠隔診療を活用すれば、かかりつけ医が病状の経過観察や健康管理がしやすくなる。患者に対する医療の質が向上し、重症化予防などにより医療費の抑制も期待できる。遠隔診療に対して支払われる診療報酬は対面に比べて低く、増額により普及を目指す。 (C)時事通信社