治療・予防

静かに進行する騒音性難聴=日常環境での大音量に注意

 難聴の原因の一つに騒音がある。劇場やコンサートなどで、耳が痛くなるような大きな音を聞いたときに発生する急性の音響外傷とは異なり、職場など日常の環境における騒音が原因となる。徐々に聴力が低下するという騒音性難聴について中井耳鼻咽喉科(奈良市)の中井義明医師に聞いた。

 ◇内耳の障害で聴力低下

 外部からの音は外耳、中耳、内耳を通って脳に伝えられる。外耳で音を集め、中耳はその音を増幅し、内耳がそれを脳に伝える。騒音性難聴は内耳の障害が原因で起こる。
 「内耳には外有毛細胞と内有毛細胞という二つの細胞があり、中耳にある鼓膜から伝わった音の振動を電気的信号に変えて脳や神経に伝達する役割を果たしています。この細胞は85デシベル以上の大きな音を絶えず聞いていると壊れると言われています」と中井医師。
 デシベルは音の大きさを表す単位で、人の大声、パチンコ店内やゲームセンター店内、激しい交通騒音、重機などを使う工事現場などの音が85デシベルに相当する。

  • 1
  • 2

新着ピックアップ