データで知る医療

発語、呼吸など生活の質が改善=人工喉頭埋め込み―咽喉がん患者

頭頸部、がん

人工喉頭の埋め込みでがん患者の生活の質(QOL)が向上
発話や呼吸に長期的な改善


 人工喉頭により、咽喉がん患者の発話や呼吸が長期的に改善された症例がフランスで報告された。患者はアルザス在住の56歳男性。2015年に人工喉頭を埋め込んでから16カ月以上にわたり問題なく生活しており、失われていた嗅覚にも完全な回復が認められたという。この研究は、人工喉頭を製造したフランスの企業Protip Medical社のNihal Engin Vrana氏らにより実施された。

 喉頭の機能は主に二つある。一つは声帯による発話であり、もう一つは喉頭蓋と呼ばれる弁が、食物を飲み込む際の気管への侵入を防いでいる。米国がん協会(ACS)によると、喉頭がんの治療では喉頭を摘出するのが一般的だという。米国では年間1万3430件の喉頭がんの新規症例が見られる。

 人工喉頭は硬質のチタン、シリコーン構造を持ち、喉頭蓋の機能を模した取り外し可能なチタン製キャップが付いていると、Vrana氏は説明する。米マウント・サイナイ・ヘルスシステム(ニューヨーク市)のMark Courey 氏は、「これは全く新しいものだ」と述べている。

  • 1
  • 2

新着ピックアップ