CIRCLE INTRODUCTION サークル紹介

横浜市立大学 横浜市立大学医学部YDC

横浜市立大学医学部YDC

部員数
約45名(医学科 約35名、看護学科 約10名)
設立
2007年
部長
田邊 桃佳(横浜市立大学医学部医学科5年)
主な活動
定期的な活動はありません。年に数回、横浜市内の小学校・中学校・高校で保健の学習指導要領の内容、医療機関の使い分け、キャリア教育などの授業を行っています。またヨコハマ大学まつりをはじめとした横浜の地域に密着したイベントでも子どもたちに医療について教えています。
活動頻度
訪問授業を年5回程度。その準備のための活動を年10回程度。

ACTIVITY REPORT 活動報告

避難所運営ゲームHUGを通して多職種連携を実践する

2016年度

横浜市内の小学校で5回、中学校で1回、高校で1回の訪問授業を行いました。またヨコハマ大学まつりでも小学校高学年から中学生を対象に授業を行いました。

CIRCLE DETAILS サークル部長・部員からのコメント

サークルの特徴
私たちは横浜市立大学の「学生が取り組む地域貢献活動支援事業」の一環として活動しています。医学生・看護学生という強みを活かしたより実践的な保健の授業を横浜市内の学校で行うことで地域貢献を果たしています。
活動への想い
横浜市立大学の学生として横浜市に地域貢献することができたらと考えています。また子どもが好きな人が集まっており、私たちの授業を通して保健について楽しく学んでもらえたらと思います。
今後の目標
(人数・日程の都合で今年度は難しいのですが、)より多くの子どもたちに授業を届けられたらと思います。また子どもたちに継続的に授業を行うことで、健康に対する意識が向上したり、医療機関を時と場合に応じて適切に使い分けられたりする人を増やしていきたいです。
メッセージ
私たちYDCは大学単位の団体で地域の子どもたちに医療について啓発しているという点で珍しい団体だと思います。全国各地に様々な医療系の学生団体がありますが、私たちのような小規模で地域密着型の団体も魅力的に感じませんか?私たちはこれからも横浜の子どもたちに楽しく医療を教えていきたいと思います!