坂井義治 医師 (さかいよしはる)

京都大学医学部附属病院

京都府京都市左京区聖護院川原町54

  • 消化管外科
  • 診療科長 教授

消化器外科 がん 外科

専門

大腸がん

坂井義治

大腸がんは日本人にもっとも多いがんの一つであり、近年増加傾向にある。坂井義治医師は大腸がんに対する外科治療のエキスパートで、特に腹腔鏡下手術を得意としている。京都大学医学部付属病院消化管外科では、2005年以降大腸がん手術の80%以上を腹腔鏡下で行っている。2年前よりロボット手術も導入している。
腹腔鏡下手術は従来の開腹・開胸手術と比較して高い技術的精度を誇り、より少ない侵襲を可能にさせる。その結果、身体への負担が少なくなり、患者の回復も早くなるのだ。
「大学病院は医学部学生や研修医ばかりでなく、私を含めすべての医師の修練の場でもあります」と語る坂井医師。
その言葉通り、常に最新技術を導入し、手術技術の研鑽を怠ることなく、大学病院という医療の最先端でより良い医療を目指し続けている。

診療を受けるには

坂井医師の外来担当は、水曜日。予約は必要ないが待ち時間が長くなる可能性あり(最長2時間)

医師プロフィール

1956年生まれ
1981年 京都大学医学部卒業、卒業後は赤穂市立病院、兵庫県立尼崎病院にて修練
1989年-1991年 カナダウェスタンオンタリオ大学外科に留学
1993年 京都大学医学博士
1995年 京都大学第2外科助手
1998年より 国立病院機構京都医療センターに勤務
2005年7月 京都大学医学部付属病院消化管外科教授(診療科長)
現在に至る

所属学会

日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本内視鏡外科学会 技術認定医

主な著書

『消化器外科 2008年 01月号 [雑誌] p1-14 「下部直腸癌に対する腹腔鏡下自律神経温存全直腸間膜切除術」』(2008年へるす出版)  
『Digestive Surgery Now 直腸・肛門外科手術 2009年 p64-84「直腸切断術(悪性)」』(Medical View社)
『消化器外科 2010年 05月号 [雑誌] p1075-88 「画像による癌深達度診断:直腸癌」』(2010年へるす出版)  
『消化器外科学レビュー 2011―最新主要文献と解説p48-57 「直腸癌」』(2011年 総合医学社)  
『消化器外科 2011年 05月号 [雑誌] 臨時増刊号:アトラスで学ぶ達人の手術「腹腔鏡下低位前方切除術」』(2011年へるす出版)  

医師発信欄

京都大学消化管外科HP: http://gisurg.kuhp.kyoto-u.ac.jp/
(更新日:2014年5月21日)