喜多村一幸 医師 (きたむらかずゆき)

喜多村脳神経クリニック

東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル4F

  • 脳神経外科、神経内科、頭痛外来
  • 理事長、院長

脳神経外科 神経内科

専門

慢性頭痛、脳卒中、脳腫瘍

喜多村一幸

二代にわたり頭痛の研究を続ける頭痛のエキスパート。「診療の第一歩は、患者とのコミュニケーション」をモットーに、さまざまな頭痛の原因・予防・対処法などを、脳の仕組みなども含めて丁寧に説明している。このわかりやすい言葉でのご説明が、患者からの信頼を集める。自分がどんな種類の頭痛であるか知り、適切な診療を受けることで、長年の悩みが解消する場合も多い、また隠れた病を発見するためにも、「ただの頭痛」と自己判断せずに専門医に相談してほしいと訴える。

医師プロフィール

1978年 東京大学医学部 卒業
東大脳神経外科医局入局後、三井記念病院、日赤医療センター、都立神経病院等勤務。
東京厚生年金病院脳神経外科医長、東京大学医学部脳神経外科助手等を経て
1988年 喜多村脳神経クリニック勤務。
1994年 同クリニック院長に就任 
2006年 医療法人社団医幸会理事長に就任
(更新日:2014年5月26日)

「慢性頭痛」を専門とする医師