山口高史 医師 (やまぐちたかし)

国立病院機構 京都医療センター

京都府京都市伏見区深草向畑町1-1

  • 外科
  • 医長(下部消化管責任者)

外科 消化器外科 がん

専門

下部消化管(大腸がん、骨盤外科)

山口高史

山口高史医師は、大腸がんの手術治療を専門に行っている。
「全大腸領域で腹腔鏡手術を基本アプローチとしていますが、治療方針の決定は画一的にできるものではなく、がんや患者さんの状態に応じた適切なアプローチ・術式を採用するよう個別に十分検討しています」と山口医師は言う。
確かな腕に加え、患者のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を根本とした誠実で真剣な治療スタイルは、多大な信頼を寄せられている。
「外科手術は職人技の要素が大きい故、これまでに研鑽し先人より教わった技術が大切な礎です。それを基本として周到しつつ常に細かな改善を意識して日々の手術を行い、新しい技術の採用に関しては吟味して慎重に行っています。簡単な手術はないことを心に留めてひとつひとつの手術を確実に行うことを心がけています。それが術後合併症の低下、大腸がんの予後向上につながると考えています」(山口医師)
まさに、妥協をゆるさない職人のような山口医師の、繊細で緻密な手術への取り組み。
さらなる信頼と未来のがん治療発展への期待を運ぶ力強さにあふれている。
JCOG(日本臨床腫瘍研究グループ) 大腸がんグループの施設研究責任者兼コーディーターでもある。

診療内容

国立病院機構京都医療センターは地域がん診療連携拠点病院であり、京都南部地域の基幹病院としての役割を担い地域に根ざした診療を行っている。緩和ケア病棟も開設され、がんの診断・治療・緩和ケアまで一貫して受けられる環境が整っている。
外科では、消化器がんの手術治療を中心に行っており、臓器別(肝胆膵・上部消化管・下部消化管・乳腺)の診療体制をとって各領域の専門医が中心となって高度で安全な外科手術を行っている。
「治療方針に選択肢がある場合、外科医・消化器内科医・放射線科医・腫瘍内科医・病理医が協議して治療方針を検討し患者さんに提示しています。腹腔鏡手術を始めとした低侵襲な手術を積極的に行なっている一方、高度進行がんに対しては必要に応じて拡大手術を行ったり抗がん剤や放射線を併用した集学的治療も行います」(山口医師)

医師プロフィール

1994年 京都大学医学部 卒業
1994~1995年 京都大学医学部付属病院
1995~1998年 兵庫県立尼崎病院
1998~2003年 国立がんセンター中央病院
2003年~ 国立病院機構京都医療センター
現在、京都医療センター外科医長・京都大学非常勤講師