北見由季 医師 (きたみゆき)

昭和大学病院

東京都品川区旗の台1-5-8

  • 皮膚科
  • 准教授

皮膚科

専門

皮膚真菌症(水虫)

北見由季

湿疹・皮膚炎、接触皮膚炎、アトピー性皮膚炎、乾癬、薬疹、ウイルス感染症、白癬、尋常性疣贅、伝染性膿痂疹をはじめ、すべての皮膚疾患を診察、治療する。特に皮膚真菌症は2,000例以上の皮膚真菌症の培養、同定を行っている。また、Trichophyton tonsurans感染症についての検査、治療も積極的に行っている。珍しい皮膚真菌症である、スポロトリコーシスなどの深在性皮膚真菌感染症、類似疾患の皮膚ノカルジア症、皮膚非結核性抗酸菌症などの治療も行う。

診療を受けるには

皮膚科だけ昭和大学病院附属東病院から昭和大学病院へ移転となり、特定機能病院に組み込まれた関係で、紹介状が必要となる。紹介状がない場合は初診時選定療養費が別途診察料に加算される。以前に受診歴があっても、初診扱いとなる場合は療養費が加算されるので事前に要確認。

医師プロフィール

1991年3月 昭和大学医学部卒業
1991年6月 昭和大学医学部皮膚科学教室入局
2000年1月 昭和大学医学部皮膚科 助教
2004年9月 昭和大学医学部皮膚科 専任講師
2014年7月 昭和大学医学部皮膚科 准教授

所属学会

【所属学会】日本皮膚科学会、日本医真菌学会、日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会
【認定医】日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本医真菌学会認定専門医

主な著書

『皮膚科臨床アセット4 皮膚真菌症を究める』(2011年 中山書店)
(更新日:2019年9月4日)