茶山一彰 医師 (ちゃやまかずあき)

広島大学病院

広島県広島市南区霞1-2-3

  • 消化器・代謝内科
  • 教授

消化器科 内科 代謝内科

専門

ウィルス性肝炎、肝硬変、肝細胞がん

茶山一彰

ウィルス性肝炎治療のスペシャリストである。中でも難治性B型肝炎・C型肝炎の先進的治療に意欲的に取り組んでいる。C型肝炎ウィルスのタイプを研究し、インターフェロン導入治療を積極的に行ってきた。さらに新たなウィルス受容体を発見するなど新しい治療法や新薬の開発につながる研究に大きな業績がある。広島大学病院に開設された肝疾患相談室では無料の血液検査やウィルス性肝炎患者の医療相談も行っている。疾患だけを診るのではなく、常に患者全体を診ることを心がけ、患者からの信頼も厚い。

医師プロフィール

1981年3月 広島大学医学部医学科 卒業
1981年5月 医療法人同仁会耳原総合病院内科 医員
1986年4月 国家公務員共済組合連合会虎の門病院内科 医員
1996年7月 国家公務員共済組合連合会虎の門病院内科 医長
2000年9月 文部科学教官教授(広島大学医学部内科学第一講座)
2002年4月 広島大学大学院医歯薬学総合研究科 分子病態制御内科学(旧 内科学第一講座)教授
2005年4月~2011年3月 広島大学病院副病院長
2009年4月~2011年3月 広島大学副理事
2011年4月~2015年3月 広島大学病院 病院長
2012年4月~2015年3月 広島大学理事・副学長
2012年4月~広島大学大学院医歯薬保健学研究院応用生命科学部門 消化器・代謝内科学(改称) 教授
2015年4月~2016年3月 広島大学学長特命補佐(併任)
(更新日:2017年2月2日)