若槻明彦 医師 (わかつきあきひこ)

愛知医科大学病院

愛知県長久手市岩作雁又1-1

  • 産科・婦人科
  • 主任教授、部長

産科 産婦人科

専門

女性医学、周産期医学、腹腔鏡下手術、ホルモン療法(ピル、エストロゲン・プロゲストーゲン配合剤、黄体ホルモン、Gn-RHアナログなど)

若槻明彦

女性医学の中でも、とくに女性のホルモン療法については1990年代から数多くの研究を行ってきた。多数の欧文著名論文を報告し、世界的にも注目されている。子宮筋腫や子宮内膜症のホルモン療法ではピルや黄体ホルモン、GnRHアナログ療法、閉経後のホルモン補充療法等も専門とする。
診療科の手術数は年間約1000症例。そのなかで腹腔鏡下手術は年間約450症例で、対象疾患は子宮筋腫、子宮内膜症が中心であるが、子宮体がんの腹腔鏡下手術や現在、先進医療として認められている子宮頸がんに対する腹腔鏡下広範子宮全摘術も行なっている。
診療科の手術数は年間約800症例以上。そのなかで腹腔鏡下手術は年間300症例以上で、対象疾患は子宮筋腫、子宮内膜症が中心であるが、子宮体がんの腹腔鏡下手術が先進医療として認められ、積極的に行っている。「今後はダビンチでのロボット手術を導入予定です」(若槻医師)

医師プロフィール

1984年 愛知医科大学 卒業
1984年 高知医科大学医学部付属病院産婦人科研修医
1986年 高知医科大学医学部付属病院産婦人科助手
1989年~1991年 米国アーバインカリフォルニア大学リサーチフェロー
1995年 高知医科大学医学部付属病院周産母子センター講師
2001年 高知医科大学医学部付属病院周産母子センター助教授・副部長
2004年 高知大学医学部生体機能・感染制御学講座生殖・加齢病態学教室助教授
2005年 愛知医科大学産婦人科学教室主任教授
2011年 愛知医科大学病院副院長(~2018)
2014年 愛知医科大学副学長
2018年 愛知医科大学 医学部長・医学研究科長

1999年:第4回ノバルテイスメノポーズアワード受賞
2001年:平成12年度高知信用金庫・高知安心友の会学術賞受賞
2003年:第18回日本更年期医学会 学会賞受賞
2007年:日本産婦人科学会best reviewer award 2006
(更新日:2018年10月15日)