古江増隆 医師 (ふるえますたか)

九州大学病院

福岡県福岡市東区馬出3-1-1

  • 皮膚科
  • 教授

皮膚科 アレルギー科

専門

皮膚科学、アレルギー、免疫学、ダイオキシンと健康障害

古江増隆

アトピー性皮膚炎の研究・治療におけるスペシャリスト。日本皮膚科学会のガイドラインの作成に携わり、2000年からは厚生労働省のアトピー性皮膚炎の治療法の普及や評価に関する研究班の班長を務めている。また、こうした研究活動によって得られた情報を、ホームページを通じて一般の人にもわかりやすく発信することで、有用な治療法の普及に努めている。アレルギー協会の世話人として、年間2~3回の市民公開講座も開催し、研究、臨床、教育、社会の幅広いフィールドで精力的に活動している。

医師プロフィール

1980年3月 東京大学医学部 卒業
1986年2月~1988年7月 米国National Insititutes of Healthに留学
1988年12月 東京大学皮膚科学講師
1992年2月 山梨医科大学皮膚科助教授
1995年5月 東京大学皮膚科助教授
1997年10月 九州大学皮膚科教授
2002年4月~2004年3月 九州大学病院 副院長兼任
2008年4月~九州大学病院油症ダイオキシン研究診療センター長 兼任
2011年1月1日~2014年12月31日 九州大学大学院医学研究院副研究院長
2012年10月1日~ 九州大学環境発達医学研究センター教授 兼務
2013年4月1日~2015年3月31日 九州大学病院臨床教育研修センター長
現在に至る
(更新日:2019年2月28日)

「アトピー性皮膚炎」を専門とする医師

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会