谷口重雄 医師 (やぐちしげお)

小沢眼科内科病院

茨城県水戸市吉沢町246-6

  • 顧問

眼科

専門

超音波白内障手術と眼内レンズに関する研究

谷口重雄

手がけた白内障手術の症例数は3万件以上にものぼる日本屈指の白内障の名医。研究・開発者としても優れた技量を持ち、なかでも特に難しいとされてきたチン小帯の断裂例や脆弱例の手術を安全に行うために開発した器具「カプセルエキスパンダー」は、今では全国の眼科で使用されている。自ら考案した手術手技を医局員に積極的に指導する一方で、より安全な手術を行うために、日々、手術手技や器具の開発を行っている。

医師プロフィール

1967年 昭和大学医学部入学
1977年 昭和大学医学部眼科学教室大学院卒業
1979年 昭和大学医学部眼科学教室 専任講師
1985年 昭和大学藤が丘病院眼科 助教授
1993年 昭和大学藤が丘病院眼科 教授
2005年 昭和大学藤が丘病院 副院長
2014年 昭和大学名誉教授
      小沢眼科内科病院 総院長
2019年 小沢眼科内科病院 顧問
(更新日:2019年9月26日)