坪田一男 医師 (つぼたかずお)

慶應義塾大学病院

東京都新宿区信濃町35

  • 眼科
  • 教授

眼科

専門

ドライアイ、角膜移植、レーシック、白内障手術、屈折矯正手術、アンチエイジング

坪田一男

1990年にドライアイ研究会を発足させ、日本のドライアイ治療を牽引してきた。スティーブンス・ジョンソン症候群や自己免疫疾患シェーグレン症候群などの難治性ドライアイの治療を求めた患者が全国から訪れるが、一般的なドライアイ治療にも詳しい。ドライアイ治療とともに専門として取り組む角膜移植では、1990年代後半より角膜上皮の幹細胞を再生して移植する再生医療を導入し、化学外傷による失明の治療の道を拓いた。レーシックや老眼治療の分野でも質の高い治療を提供している。

医師プロフィール

1980年8月 慶應義塾大学医学部卒業
1985年7月 米国ハーバード大学 留学 (1987年6月まで)
1998年4月 東京歯科大学教授・市川総合病院部長
2004年4月 慶應義塾大学医学部 教授
現在に至る
(更新日:2014年6月5日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会