梅村敏 医師 (うめむらさとし)

労働者健康安全機構 横浜労災病院

神奈川県横浜市港北区小机町3211

  • 院長

腎臓内科 循環器科 内科

専門

高血圧症

梅村敏

元教授が日本高血圧学会を創設した横浜市立大学医学部循環器・腎臓内科学教室の教授として、梅村敏医師も2014年に横浜パシフィコで同学会を主催するなど高血圧診療・研究分野で活躍してきた。日本に約4,300万人いる高血圧症は優れた降圧薬により多くの患者ではコントロール可能となり、動脈硬化性疾患(脳卒中,心筋梗塞等)の抑制に貢献している。近年、全世界約26万人を対象とした国際共同研究の一員として高血圧に関与する遺伝子も解明。これらの成果も含め、重症高血圧の治療や、二次性高血圧の診断治療、24時間血圧測定などを用いた治療や教育入院も行っている。循環器・腎臓内科学教室の主任教授として同院循環器内科、同腎臓・高血圧内科、横浜市立大学市民医療総合医療センター心臓血管センター内科、同腎臓・高血圧内科が一体となって機能すべく運営に努力してきた。特に合併することが多い腎臓・心臓疾患も同時に診療する内科として、患者の立場に立った医療の実践をモットーとした。
2016年3月に定年退職後、現在は二次性高血圧診療で有名な横浜労災病院院長として勤務、また元日本高血圧学会理事長、現日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員長を務めている。

医師プロフィール

1975年 横浜市立大学医学部 卒業
1977年 横浜市立大学医学部第2内科入局
1979年 横浜市立大学医学部生化学講座・助手
1982年 医学博士・テキサス大学内科・薬理学教室留学
1985年 横浜市立大学内科学第2内科・助手
1989年 米国クレイトン大学医学部高血圧研究所・助教授
1991年 横浜市立大学内科学第二講座・講師
1993年 横浜市立大学内科学第二講座・助教授
1998年 横浜市立大学内科学第二講座・教授
2003年 横浜市立大学大学院医学研究科病態制御内科学・教授
2008年 横浜市立大学医学部・医学部長
2010年 横浜市立大学附属病院・病院長
2012年 横浜市立大学学術院・医学群長
2016年4月 独立行政法人労働者健康安全機構 横浜労災病院 院長
(更新日:2018年7月4日)

「高血圧」を専門とする医師