漆原直人 医師 (うるしはらなおと)

静岡県立病院機構 静岡県立こども病院

静岡県静岡市葵区漆山860

  • 小児外科
  • 科長 外科系診療部長

小児外科 外科 がん

専門

小児外科、小児悪性腫瘍、内視鏡外科

漆原直人

漆原直人医師は「子どもが好きで小児外科になった」という。子どもたちと友達のように接し、手術においては、可能な限りダメージの少ない施術を目指している。多くの手術を経験している小児外科医の一人で、特に先天性胆道拡張症など小児の肝胆膵疾患や内視鏡手術を専門とし、全国に先駆けて先天性胆道拡張症や食道閉鎖にも内視鏡手術を行っている。2012年6月には「H型先天性気管食道瘻(ろう)」の手術に傷が小さく後遺症も少ない内視鏡手術を適用して、全国でも初めて成功させている。

医師プロフィール

1983年4月 岡山大学 卒業
1986年4月 香川大学小児外科助手
1988年7月 静岡県立こども病院小児外科
1992年1月 香川大学小児外科助手
1994年6月 岩国医療センター小児外科医長
1997年8月 岡山大学消化器外科助手
2001年4月 静岡県立こども病院小児外科医長
2003年4月 静岡県立こども病院小児外科科長
(更新日:2018年2月28日)