塩見利明 医師 (しおみとしあき)

愛知医科大学病院

愛知県長久手市岩作雁又1-1

  • 睡眠科・睡眠医療センター
  • 教授 部長

内科 循環器科

専門

睡眠時無呼吸症候群(Sleep apnea syndrome: SAS)、過眠症、高血圧

塩見利明

塩見利明医師は1989年から米国スタンフォード大学で睡眠時無呼吸症候群(SAS)の発見者・ギルミノー教授から直接指導を受け、2000年に睡眠医療センターを設立。開設以来、睡眠時無呼吸症候群を中心として、不眠症・過眠症等の睡眠障害の検査・診断を主に行う。2008年には睡眠障害全般を専門に診る診療科として、日本初の“睡眠科”が誕生した。 これにより睡眠障害の治療も主な業務に加わった。30年以上、睡眠医学の研究を重ねながら、新しい治療法の普及や睡眠医学教育のために、現在も精力的に活動している。

診療内容

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の原因には「閉塞性睡眠時無呼吸」「中枢性睡眠時無呼吸」「混合性睡眠時無呼吸」の3種類があり、その多くは閉塞性睡眠時無呼吸であるという。 その原因は、最も多いのが「肥満」である。
SASは、睡眠中に呼吸が止まることによって何度も目を覚ましてしまうために、深い睡眠が得られない病気。代表的な症状として夜間の大きなイビキや日中の強い眠気などがあげられる。
「そのままにしておくと、高血圧などの生活習慣病を招く恐れもあるため、早期の治療を要します」(塩見医師)
また、女性の「流産」にも関与していると塩見医師は言う。SAS患者の肥満女性は、妊娠中のSASによる低酸素血症が胎児に及ぼす悪影響がある。「重度のSASの肥満女性が妊娠すると、本人が低酸素血症に陥るだけではなく、胎児にも酸素が充分に行き亘らないので胎児も低酸素血症になります。胎児ではそれが脳に障害を起こしたり、流産に結びつくのです」(塩見医師)
まずは自宅に機器を持ち帰り、就寝時に機器を装着して行う「簡易検査」を受けた後、必要な場合は1泊入院による終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG)で詳しく検査をする。そのほか、不眠症に対する認知行動療法(CBTI)や、過度の日中の眠気を引き起こすような疾患( ナルコレプシーなど)および日中の眠気を計る反復睡眠潜時検査(MSLT)を行う。
睡眠医療センターは、東海地方における睡眠障害の高度な診断・治療を行う拠点としての役割を果たしている。日本睡眠学会A型睡眠医療施設である。

医師プロフィール

1978年3月 愛知医科大学医学部医学科 卒業
1980年5月 愛知医科大学医学部助手(内科学第3講座)
1986年5月 医学博士学位取得
1989年4月 愛知医科大学医学部講師(内科学第3講座)
1989年7月~1990年7月 米国スタンフォード大学(睡眠リサーチセンターに客員研究員として出向)
1994年10月 愛知医科大学医学部助教授(内科学第3講座)
2000年7月 愛知医科大学病院睡眠医療センター部長(中央診療部)
2001年4月 愛知医科大学医学部内科学講座(循環器内科)助教授
2004年10月 愛知医科大学医学部教授(兼務:大学院医学研究科臨床医学系睡眠医学教授)
2007年11月 日本睡眠学会副理事長 
2008年1月 愛知医科大学病院睡眠科部長(診療科)
2010年7月 日本睡眠学会第35回定期学術 集会(名古屋)大会会長