塩見利明 医師 (しおみとしあき)

愛知医科大学病院

愛知県長久手市岩作雁又1-1

  • 睡眠科・睡眠医療センター
  • 名誉教授

内科 循環器科

専門

睡眠時無呼吸症候群(Sleep apnea syndrome: SAS)、過眠症、高血圧

塩見利明

塩見利明医師は1989年から米国スタンフォード大学で睡眠時無呼吸症候群(SAS)の発見者・ギルミノー教授から直接指導を受け、2000年に睡眠医療センターを設立。開設以来、睡眠時無呼吸症候群を中心として、不眠症・過眠症等の睡眠障害の検査・診断を主に行う。2008年には睡眠障害全般を専門に診る診療科として、日本初の“睡眠科”が誕生した。 これにより睡眠障害の治療も主な業務に加わった。30年以上、睡眠医学の研究を重ねながら、新しい治療法の普及や睡眠医学教育のために、現在も精力的に活動している。

医師プロフィール

1978年3月 愛知医科大学医学部医学科 卒業
1980年5月 愛知医科大学医学部助手(内科学第3講座)
1986年5月 医学博士学位取得
1989年4月 愛知医科大学医学部講師(内科学第3講座)
1989年7月~1990年7月 米国スタンフォード大学(睡眠リサーチセンターに客員研究員として出向)
1994年10月 愛知医科大学医学部助教授(内科学第3講座)
2000年7月 愛知医科大学病院睡眠医療センター部長(中央診療部)
2001年4月 愛知医科大学医学部内科学講座(循環器内科)助教授
2004年10月 愛知医科大学医学部教授(兼務:大学院医学研究科臨床医学系睡眠医学教授)
2007年11月 日本睡眠学会副理事長 
2008年1月 愛知医科大学病院睡眠科部長(診療科)
2010年7月 日本睡眠学会第35回定期学術 集会(名古屋)大会会長
2019年4月 愛知医科大学 名誉教授
(更新日:2019年5月10日)