髙野伸夫 歯科医師 (たかののぶお)

東京歯科大学市川総合病院

千葉県市川市菅野5-11-13

  • 歯科・口腔外科(口腔がんセンター)
  • 客員教授 口腔がんセンター顧問

歯科口腔外科 歯科

専門

口腔外科、顎変形症、口腔がん、口唇・口蓋裂

髙野伸夫

外科系歯学、外科・放射線系歯学の権威。顎変形症はもとより、種々の口腔外科的治療のほか、口腔がんの診断・治療にも力を注いでいる。1970年代より日本に顎変形症の治療を広め、口腔外科学の発展に多大な貢献をした高橋庄二郎教授の門下生である。したがって、早くから顎変形症治療に携わり、きわめて多くの症例を経験してきている。この実績から2015年には日本顎変形症学会総会・学術大会の大会長を務めている。東京歯科大学は市川総合病院内に口腔がんセンターを有しており、全身的な管理下に口腔がん治療にあたっているメンバーでもある。口腔がんの早期発見に努めるばかりでなく、先進的ながん治療後も厳重な経過観察を行い、治癒率の向上を目指す。髙野歯科医師は「最高の歯科医療技術と最新の設備による患者中心の医療」をモットーとしている。

医師プロフィール

1976年 東京歯科大学 卒業
1980年 東京歯科大学大学院修了
1993年 東京歯科大学講師、都立府中病院歯科口腔外科医長
1996年 東京歯科大学助教授、都立大塚病院口腔科指定医長
2001年 都立大塚病院口腔科部長
2005年 東京歯科大学教授
2010年 東京歯科大学千葉病院病院長
2013年 東京歯科大学市川総合病院副病院長、東京歯科大学口腔がんセンター長
2017年 東京歯科大学名誉教授、東京歯科大学客員教授、口腔がんセンター顧問
(更新日:2019年9月27日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会