酒井義浩 医師 (さかいよしひろ)

東京医科大学病院

東京都新宿区西新宿6-7-1

  • 客員教授

内科 消化器科

専門

専門は消化器病学と消化器内視鏡学で、とくに便秘、過敏性腸症候群に詳しい

酒井義浩

専門は消化器病学で腸の疾患に詳しく、便秘・過敏性腸症候群の名医として知られる。内視鏡は胃カメラ時代からの経験も含め40年以上に及び、内視鏡による診断・治療の権威。大腸ファイバースコープ等の開発にも携わり、小さな大腸ポリープを切除するポリペクトミーという処置法に用いるワイヤー(投げ縄のようにして隆起したポリープの根元にかけて切除する)であるスネアという処置具の開発も手がけ、その治療法のパイオニアとして世界的に知られる。内視鏡の実技指導を最初に海外で行った先駆者の1人でもある。内視鏡で診断して可能であれば、その場で治療することをモットーとしている。

医師プロフィール

1965年 東京医科大学 卒業
1970年 東京医科大学大学院修了後、同大学内科入局
1973年 英国セントマークス病院に勤務
1981年 東邦大学医学部助教授に就任
1987年 同教授
2010年 学校法人東京医科大学 常任監事
2011年 湘南記念病院理事長
(更新日:2014年5月20日)