瀧井正人 医師 (たきいまさと)

北九州医療刑務所

福岡県北九州市小倉南区葉山町1-1-1

  • 心療内科
  • 所長

心療内科 内科

専門

心身医学、摂食障害、糖尿病

瀧井正人

瀧井正人医師は、早くから摂食障害と糖尿病の関係に着目し専門的治療を実践。九州大学病院心療内科は、糖尿病(特に1型糖尿病)に併発した摂食障害を本格的に治療する世界的にも希少な施設で、全国から多くの患者が紹介受診する。2009年には15歳で両疾患を併発した患者の絵と瀧井医師の文による「糖尿病こころの絵物語」を出版。患者との往復書簡集「ひとりぼっちを抱きしめて」や、臨床経験を記した「糖尿病の心療内科的アプローチ」とともに病気に悩む人や医療関係者に愛読されている。
現在、北九州医療刑務所の所長となり一般の診察を行っていない。

医師プロフィール

1977年3月 早稲田大学文学部 卒業
1987年3月 九州大学医学部卒業
1987年4月 九州大学病院心療内科入局
2013年 北九州医療刑務所 所長
(更新日:2017年12月13日)