山下裕司 医師 (やましたひろし)

山口大学医学部附属病院

山口県宇部市南小串1-1-1

  • 耳鼻咽喉科
  • 科長、教授

耳鼻咽喉科 頭頸部外科

専門

めまい・平衡障害の診断と治療、内耳への直接的薬物治療に関する研究、内耳保護に関する研究、内耳アンチエイジング

山下裕司

山下裕司医師は1999年に山口大学教授に就任。めまい・平衡障害の診断と治療を専門とし、毎週水曜日にめまい・難聴外来を担当している。同科の臨床及び研究のレベルは、日本国内でも評価が高い。日本めまい平衡医学会評議員、日本聴覚医学会理事、日本耳科学会理事などをも務め、学内外で活躍している。また、厚生労働省難治性疾患克服研究事業の前庭機能異常に関する調査研究・研究班にも参加しており、様々な調査を実施している。

医師プロフィール

1984年3月 山口大学 卒業
1988年4月 山口大学医学部助手
1989年2月 山口大学大学院修了
1990年8月 スウェーデン、カロリンスカ研究所(耳鼻咽喉科)Research Fellow
1992年12月 文部省在外研究員としてワシントン大学留学(耳鼻咽喉科)
1996年4月 山口大学医学部附属病院耳鼻咽喉科外来医長
1996年5月 スウェーデ ンカロリンスカ研究所医学博士学位取得
1999年8月 山口大学教授(医学部耳鼻咽喉学)、山口大学医学部附属病院耳鼻咽喉科長
2006年4月 山口大学教授(大学院医学系研究科 情報解析医学系学域 耳鼻咽喉科学分野)
(更新日:2017年6月19日)

「めまい」を専門とする医師

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会