宗圓聰 医師 (そうえんさとし)

近畿大学医学部奈良病院

奈良県生駒市乙田町1248-1

  • 整形外科・リウマチ科
  • 診療部長、教授

整形外科 リウマチ科

専門

関節リウマチ、変形性関節症、骨粗鬆症

宗圓聰

関節リウマチ、変形性関節症、骨粗鬆症の研究・診療で知られ、特に骨粗鬆症に関しては、わが国の各種診断基準やガイドライン作成の中心メンバーとして活躍している。また、これらの疾患に対する新薬開発のための臨床試験や、リウマチ専門医として新薬の市販後全例調査にも携わっている。手術に関しては、関節リウマチ、変形性関節症を問わず、主に膝関節の人工関節手術が専門である。なお、同科のスタッフはいずれも関節リウマチを含む専門医であり、人工関節のエキスパートでもある。
2019年3月末に近畿大学医学部奈良病院を退職。

医師プロフィール

1978年3月 京都大学医学部 卒業
1980年4月 近畿大学医学部整形外科学教室助手
1986年4月 近畿大学医学部整形外科学教室講師
1988年4月 ハーバードメディカルスクール
1989年4月 近畿大学医学部整形外科学教室講師
1998年4月 近畿大学医学部整形外科学教室助教授
1999年8月 近畿大学医学部奈良病院整形外科・リウマチ科助教授
2004年2月 近畿大学医学部奈良病院整形外科・リウマチ科教授
2019年3月 近畿大学医学部奈良病院 退職
(更新日:2019年4月11日)