田口智章 医師 (たぐちともあき)

九州大学病院

福岡県福岡市東区馬出3-1-1

  • 小児外科・小腸移植外科
  • 教授、科長
  • 小児医療センター/総合周産期母子医療センター

小児外科 産科 産婦人科

専門

小児外科(特に新生児外科、小児消化器外科、小児臓器移植、小児がんの外科治療など)

田口智章

厚生労働科学研究費「小児期から移行期・成人期を包括する希少難治性慢性消化器疾患の医療政策に関する研究(H29-難治等(難)-一般-015)」研究班長。小児肝移植・小腸移植に精力的に取り組み、ジャパンハートと共同でミャンマー国における小児肝移植第1例を成功させた。カンボジアでの小児がん手術も展開。腋窩皺切開による先天性食道閉鎖手術や肺葉切除、臍部皺切開による腸閉鎖手術や肥厚性幽門切開手術など傷の目立たない新生児手術を全国に先がけ実施・普及させる。小児消化管疾患の病理学的研究を精力的に行う傍ら、小児外科・周産母子センターの市民公開講座企画・運営、身体障害者福祉法の小腸機能傷害および膀胱又は直腸機能障害の指定医師として活動。アジア小児外科学会理事長。日本小児期外科系関連学会協議会(四者協)会長・代表理事。九州大学病院救命救急センター長・集中治療部長

診療を受けるには

小児外科・小腸移植外科初診は、月曜・水曜・金曜。受付8:30~11:00。田口医師は新生児・呼吸器・消化管・肝胆膵・肝移植・小腸移植・消化管機能・小児がん・低侵襲治療・一般小児外科担当。

医師プロフィール

1979年  九州大学医学部医学科卒
1981-1985年 九州大学大学院医学研究科(医学博士:外科および病理)
1987-88年 カナダ国マックギル大学病理・モントリオール小児病院外科 留学
1992年 パキスタン国イスラマバード小児病院技術指導
1997年 米国ピッツバーグ大学小児病院移植外科 留学
1998年 九州大学病院周産母子センター助教授
2006年 九州大学大学院小児外科学分野教授(現在に至る)
2006-8年,10-12年,14-18年 九州大学病院小児医療センター長
2007-9年,13-15 年, 19年 九州大学病院総合周産期母子医療センター長(現在に至る)
2013-5年 九州大学医療系統合教育研究センター長
2015年 九州大学環境発達医学研究センター長(現在に至る)
2015年 九州大学病院栄養管理部長(現在に至る)
2018年 九州大学病院救命救急センター長・小児救命救急センター長・集中治療部長(現在に至る)

所属学会

日本小児外科学会会長・理事長・監事・評議員・専門医・指導医、日本外科学会理事・代議員・専門医・指導医、日本周産期新生児医学会会長・理事・評議員、日本小児血液がん学会会長・理事・監事・評議員・認定外科医、日本移植学会移植認定医、アジア小児外科学会会長・理事長、小児栄養消化器肝臓認定医、日本小児期外科系関連学会協議会会長・代表理事、日本小児医療保健協議会(四者協)役員

主な著書

『臍の外科-小児の臍疾患治療と臍を利用した手術』(2018年メジカルビュー社)
『スタンダード小児がん手術』(2017年メジカルビュー社)
『スタンダード小児外科手術』(2013年メジカルビュー社)  
『標準小児外科学 第6版 (標準医学シリーズ)』(2012年 医学書院;第6版) 
『今日の小児治療指針 第15版』(2012年 医学書院)
『小児がん診療ハンドブック~実地診療に役立つ診断・治療の理念と実践~』(2011年 医薬ジャーナル社)
『小児科臨床ピクシス21 小児外来で役立つ外科的処置』(2010年 中山書店/分担執筆)
『これから出会う物語 小児科症例集40話』(2010年 中山書)
『肝移植四半世紀の歩み―日本肝移植研究会25周年寄稿集』(2009年 日本医学館)
『わかりやすい周産期・新生児の輸血治療 研修医から専門医まで必修の輸血療法と安全対策』(2009年メジカルビュー社)
『標準小児科学 第5版』(2003年 医学書院)
「Operative General Surgery in Neonates and Infants」Springer, 2016, on demand
「Hirschsprung’s Disease and the Allied Disorders ?Status Quo and Future Prospects of Treatment」 Springer, 2018, on demand

医師発信欄

日本小児外科学会HP: http://www.jsps.gr.jp/
(更新日:2019年10月20日)

同じ疾病を専門とする医師一覧