山谷睦雄 医師 (やまやむつお)

東北大学病院

宮城県仙台市青葉区星陵町1-1

  • 呼吸器内科
  • 外来担当

呼吸器科 内科

専門

COPD(慢性閉塞性肺疾患)、高齢者呼吸器感染症、高齢者気管支喘息、高齢者肺炎

山谷睦雄

山谷睦雄医師は、COPD(慢性閉塞性肺疾患)に関して世界トップレベルの実績を誇るエキスパート。気管支炎などに用いるマクロライド系抗菌薬が、COPDの急速な悪化(増悪)の予防に対しても有効であることを発見した。この「マクロライド療法」の作用は、国内のみならず海外でも追認されることになり、同療法の確立で多くの患者の症状緩和・改善・生存率向上などが期待されている。日本呼吸器学会COPDガイドラインの改定にも携わっている。

診療内容

慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、肺気腫と慢性気管支炎などを含んだ呼吸器疾患。
喫煙歴のある中高年者が咳や痰、労作時息切れ(階段や坂道を昇った時などの息切れ)を訴えるときに疑われるもので、そのような場合、同院・呼吸器内科ではスパイロメトリーや胸部画像などの検査を行って判断していく。
COPDと診断された場合には、禁煙指導の他、インフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチンの接種、気管支拡張薬(抗コリン薬、β2刺激薬)の吸入・貼付・内服、テイフィリンや喀痰調整薬の内服、吸入ステロイド薬の使用、呼吸リハビリテーション、栄養療法,在宅酸素療法などによって、包括的な診療が行われている。さらに、同大学教授の山谷医師は、COPDの急性増悪(呼吸困難、咳、喀痰などの症状が日常の生理的変動を超えて急性に悪化する場合)に対する「マクロライド療法」を開発し、その有効性を見出した。「マクロライド療法」は工藤翔二日本医科大学名誉教授が「びまん性汎細気管支炎」に対して開発し、痰などの症状の緩和や予後改善をもたらす治療法として確立されている。COPDの急性増悪は「びまん性汎細気管支炎」と類似の好中球性気道炎症が関係している。この知見をもとに、もともと感染症治療において重要な役割を果たしていたマクロライド系抗菌薬の投与が、COPDの急性増悪に対しても抑制効果を持つことを確認したのである。
山谷医師が教授としてリードする同大学の先進感染症予防学寄附講座において、感冒症候群に随伴するCOPD(肺気腫・慢性気管支炎)および気管支喘息の増悪などへの抑制薬・予防薬の研究開発を重ねてきた結果であった。
2011年9月には、厚生労働省からマクロライド系抗菌薬であるクラリスロマイシンの使用を認める通達が出された(保険適応外)。これは、山谷医師らが作成委員として改定した日本呼吸器学会COPD(慢性閉塞性肺疾患)ガイドライン第3版が参考資料として採用されており、山谷医師らの開発に基づきCOPDへの使用が認められたものである。
マクロライド系抗菌薬を用いたCOPDの治療は、急性増悪を繰り返す患者において増悪を予防する治療効果を有する。その治療効果は欧米の研究でも追認されており、症状の改善や死亡率の減少などが期待されている。

医師プロフィール

1982年 東北大学医学部医学科 卒業
2002年 東北大学病院 老年科准教授
2008年 東北大学大学院・医学系研究科 先進感染症予防学寄附講座教授