柴田考典 歯科医師 (しばたたかのり)

北海道医療大学歯科クリニック

北海道石狩郡当別町金沢1757

  • 顎関節症外来・顎顔面補綴外来
  • チーフ

歯科口腔外科 歯科

専門

顎関節疾患、顎顔面補綴 とくに、顎関節症や開口障害の診断と治療

柴田考典

手術中顎関節疾患の病態解明と診断法に関する研究、およびより安全で正確な顎変形症手術システムの開発を専門とし、臨床では歯科口腔外科の部長として口腔・顎・顔面領域の奇形、発育異常、外傷、炎症、のう胞、腫瘍、粘膜疾患など幅広い疾患を対象に診断と治療をおこなっている。とくに、開口障害の診断と治療については実績が高く、日本全国から多くの患者が治療に訪れている。また、他の病院からの症例相談、セカンドオピニオンを求めての受診も多い。さらに顎関節症外来、顎顔面補綴外来という2つの専門外来のチーフとしても活躍。日本顎関節学会の「顎関節症患者のための初期治療診療ガイドライン」作成委員に名を連ねるなど、顎関節疾患治療の進歩に大いに貢献している。

医師プロフィール

1977年3月 東京歯科大学卒業(歯学士)
1981年6月 東京歯科大学大学院歯学研究科博士課程修了(歯学博士)
1981年6月 東京歯科大学口腔外科学第二講座助手
1989年4月 山形大学講師(医学部歯科口腔外科学講座)
1993年4月 山形大学助教授(医学部歯科口腔外科学講座)
1995年11月 文部省短期在外研究員
2002年9月 北海道医療大学歯学部教授(口腔外科学第一講座)
2007年4月 北海道医療大学歯学部教授(生体機能・病態学系組織再建口腔外科学分野)
(更新日:2018年2月5日)