麦島秀雄 医師 (むぎしまひでお)

川越予防医療センター・クリニック

埼玉県川越市新宿町1-17-1 ウニクス川越3F

  • クリニックの小児科責任者
  • 所長

小児科 血液内科 内科

専門

小児血液腫瘍学、小児造血器腫瘍(白血病など)治療 小児固形腫瘍治療 小児血液疾患治療 造血幹細胞移植 緩和ケア 長期フォローアップ 小児科一般 小児感染症 予防接種

麦島秀雄

小児血液がん治療のスペシャリスト。1985年米国留学後、国内でいち早く小児固形腫瘍に集学的治療法を確立し、骨髄移植と術中開創照射を同時で行うという画期的な方法を国内で初めて導入したことでも知られる。進行性神経芽腫の治療経験と成績は国内で最高レベルを誇る。難治性白血病、再生不良性貧血、先天性代謝異常症、免疫不全症にも積極的に造血幹細胞移植を実施している。さらに骨臓移植における「臍帯血」の活用を推進するにあたって、重要な役割を果たしてきた。板橋病院には日本有数の臍帯血バンクがあり、年間100人以上の全国の患者に臍帯血を提供している。また、小児科診療部長として入院患児の教育とメンタルのケアにも力を入れていた。2015年より、川越予防医療センターの所長として又、クリニックの小児科の責任者として勤務。

医師プロフィール

1973年 日本大学 医学部 医学科 卒業
1974年 沼津市立病院小児科
1977年 静岡県立こども病院血液腫瘍科
1982年 カルフォルニア州立大学ロスアンジェルス校(UCLA)留学、血液腫瘍内科骨髄移植部門
1988年 日本大学医学部小児科 講師
1990年 日本大学医学部小児科 病棟医長
1994年 日本大学医学部小児科 外来医長
1999年 日本大学医学部小児科 助教授
2002年 日本大学先端医学総合研究センター センター長
2005年 日本大学医学部附属板橋病院 小児科・新生児病科 部長
2007年 日本大学医学部小児科 主任教授
2008年 日本大学医学部附属板橋病院 副病院長
2010年 日本大学医師会 会長
2011年 日本大学医学部図書館長
2011年 日本大学医学部 同窓会副会長
2015年 川越予防医療センター所長 クリニックの小児科責任者
2015年 日本大学名誉教授
(更新日:2014年5月22日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会