古郷幹彦 歯科医師 (こごうみきひこ)

大阪大学歯学部附属病院

大阪府吹田市山田丘1-8

  • 口唇裂・口蓋裂口腔顔面成育治療センター
  • センター長

歯科口腔外科 歯科

専門

口唇裂・口蓋裂、顎変形症、口腔がん

古郷幹彦

同院、口腔外科1〈制御系〉の教授の古郷歯科医師は、国内トップクラスの名医として、その実績はメディアなどでも多数紹介されている。同科は長期かつ専門的な治療を要する口唇裂・口蓋裂治療で日本の草分け的存在で、鼻咽腔ファイバースコープの発明などでも有名。口唇裂・口蓋裂治療は乳幼児から成人までの手術など総合一貫治療を実施。「顎変形症外来」では、矯正歯科との連携に基づいた確実・安全な手術を行う。口腔がんについては確実な治癒をめざして専門的治療を目指している。

診療を受けるには

古郷医師の診察は、病院ホームページを参照。

医師プロフィール

1984年 大阪大学歯学部附属病院医員(第一口腔外科)
1986年 大阪府立母子保健総合医療センターに勤務
1996年 大阪大学歯学部 助教授
2002年 大阪大学歯学部 教授
2015年4月 大阪大学歯学部附属病院副病院長
2018年4月 大阪大学歯学部附属病院口唇裂・口蓋裂口腔顔面成育治療センター センター長

所属学会

日本口腔外科学会(専門医・指導医)、日本口腔科学会(専門医・指導医)、口腔顔面神経機能学会(認定医)
公益社団法人 日本口腔外科学会 前理事長、一般社団法人 日本口蓋裂学会理事長、NPO法人 日本口腔科学会 理事、口腔顔面神経機能学会 理事 認定医、NPO法人 摂食介護支援プロジェクト 理事長、日本歯科医学会 常任理事、日本歯科医学会連合 理事、日本歯科専門医機構 理事

主な著書

『のどちんこの話―摂食嚥下・呼吸・発声との微妙な関係』(2006年 単行本・松矢篤三共著)
『ハイネマン歯科英和辞典』(2004年 医歯薬出版)
『口腔口蓋裂の手術』(大阪大学歯学雑誌)
『口腔外科学 第3版』(2010年 医歯薬出版 編著)
(更新日:2022年3月22日)

同じ疾病を専門とする医師一覧