相楽裕子 医師 (さがらひろこ)

豊島病院

東京都板橋区栄町33-1

  • 感染症内科
  • 非常勤医師

感染症科 内科

専門

臨床感染症学(腸管感染症、輸入感染症、HIV感染症)

相楽裕子

相楽裕子医師は、1992~2008年に横浜市立市民病院で、感染症部(現在の感染症内科)の初代部長を務めた、感染症のエキスパートである。特に腸管感染症、輸入感染症、HIV感染症に詳しい。
現在は、豊島病院、横浜市立みなと赤十字病院、国際協力機構(JICA)で、非常勤や顧問医をしている。病院では診療と感染症に関するセミナーを行っている。国際協力機構(JICA)の国際協力人材部健康管理課では、海外派遣前の隊員に対する感染症研修や、派遣中隊員のマラリアや狂犬病にかかるリスクのある動物咬傷など、在外健康管理員(看護師)からの診療相談(コンサルテーション)を行っている。

医師プロフィール

1965年 東京医科歯科大学医学部卒業
1965年 東京医科歯科大学医学部附属病院インターン
1966年 同大学医学部第一内科副手
1970年 東京都立豊島病院小児科医員
1979年 同病院感染症科医員
1980年 同病院感染症科医長
1992年 横浜市立市民病院感染症部部長
2008年 同病院 退職
2014年現在 公益社団法人東京都保健医療公社豊島病院非常勤医師、横浜市立みなと赤十字病院、国際協力機構(JICA)健康管理課でも診療。
(更新日:2016年1月1日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会