渡部芳徳 医師 (わたなべよしのり)

市ヶ谷ひもろぎクリニック

東京都新宿区市谷田町2-31-3 ASUKARAビル2F

  • 内科、泌尿器科、心療内科、精神科
  • ひもろぎグループ理事長

内科 心療内科 精神科

専門

臨床精神薬理学(うつ病、双極性障害、統合失調症、社交不安障害、パニック障害、ADHD発達障害、てんかん等)、うつ症状を伴う男性更年期障害・LOH症候群、うつ病患者の復職支援(リワーク・デイケア)、がんの予防・心理社会的療法

渡部芳徳

多剤併用から脱却し、最低限の薬でうつ病を治療することを提唱してきた渡部芳徳医師。少ない薬と、患者の思いをしっかり傾聴することで、多くの人が回復へ向かうのに立ち会ってきた。休職した人の復職支援(リワーク)を2007年から開始し、同院のリワーク利用者は、累計700人にものぼる。目に見えない心の症状を科学的に可視化しコントロールするアプリ「アン-サポ」の開発も手がける。「サイモントン療法」に基づくがん患者の心のケアにも乗り出し、時代のニーズにマッチした診療をめざしている。

医師プロフィール

1989年 山梨医科大学(現 山梨大学医学部) 卒業
1989年 福島県立医科大学付属病院神経精神科入局
その後、米国デューク大学医学部神経科学研究センターへ留学、てんかんモデルのキンドリングを研究
帰国後、博士号を取得し、精神科医療を専門に診療・研究を行う
東邦大学薬学部客員教授も兼任する
(更新日:2016年12月6日)

「うつ病」を専門とする医師

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会