渡部芳徳 医師 (わたなべよしのり)

市ヶ谷ひもろぎクリニック

東京都新宿区市谷田町2-31-3 ASUKARAビル2F

  • 内科、泌尿器科、心療内科、精神科
  • ひもろぎグループ理事長

内科 心療内科 精神科

専門

臨床精神薬理学(うつ病、双極性障害、統合失調症、社交不安障害、パニック障害、ADHD発達障害、てんかん等)、うつ症状を伴う男性更年期障害・LOH症候群、うつ病患者の復職支援(リワーク・デイケア)、がんの予防・心理社会的療法

渡部芳徳

多剤併用から脱却し、最低限の薬でうつ病を治療することを提唱してきた渡部芳徳医師。少ない薬と、患者の思いをしっかり傾聴することで、多くの人が回復へ向かうのに立ち会ってきた。休職した人の復職支援(リワーク)を2007年から開始し、同院のリワーク利用者は、累計700人にものぼる。目に見えない心の症状を科学的に可視化しコントロールするアプリ「アン-サポ」の開発も手がける。「サイモントン療法」に基づくがん患者の心のケアにも乗り出し、時代のニーズにマッチした診療をめざしている。

診療を受けるには

初診の場合はWEB予約システムから利用者登録し、予約する。急を要する場合や当日中の受診を希望する場合は直接電話で問い合わせること。

医師プロフィール

1989年 山梨医科大学(現 山梨大学医学部) 卒業
1989年 福島県立医科大学付属病院神経精神科入局
その後、米国デューク大学医学部神経科学研究センターへ留学、てんかんモデルのキンドリングを研究
帰国後、博士号を取得し、精神科医療を専門に診療・研究を行う
東邦大学薬学部客員教授も兼任する

所属学会

医学博士、精神保健指定医、日本精神神経学会精神科専門医
日本精神神経学会、日本臨床精神薬理学会、日本精神神経科診療所協会、日本抗加齢医学会、日本Men’s Health医学会、うつ病リワーク研究会、日本てんかん学会、日本サイコセラピー学会

<b>役職</b>:医療法人社団慈泉会 理事長、医療法人社団慶竹会 理事長、社会福祉法人真徳会 理事長

主な著書

『うつは自分で治せる、自宅で治せる』(2016年 主婦の友社) amazonでみる ⇒
『〈肺がん生還〉精神科医が自力でがんを消し去った渡部式食事と「不安」消滅トレーニング』(2016年 主婦の友インフォス) amazonでみる ⇒
『あがり症のあなたは〈社交不安障害〉という病気。でも治せます!』(2016年 主婦の友インフォス情報社) amazonでみる ⇒
『うつ病・新型うつ病の人との接し方を間違えない本』(2015年 主婦の友インフォス情報社) amazonでみる ⇒
『薬を減らせばうつ病は治る 自分でコントロールできる新アプリ「アン-サポ」』(2013年 主婦の友インフォス情報社) amazonでみる ⇒
『うつ病が快復するノート 』(2009年 主婦の友社) amazonでみる ⇒
『職場のうつ「社会復帰」プログラム』(2008年 主婦の友社) amazonでみる ⇒
『パニック障害は治る』(2005年 主婦の友社) amazonでみる ⇒

◆監修
『アスペルガー・ADHD〈発達障害〉を飲んで食べて改善、落ち着きと集中力を取り戻す食事160 (子どもの食事シリーズ)』(2015年 主婦の友社) amazonでみる ⇒
『うつの症状を飲んで食べて改善、元気いっぱいにする食事162 (脳に効く食事シリーズ)』(2014年 主婦の友インフォス情報社) amazonでみる ⇒
『うつ病が治る最新治療』(2014年 主婦の友インフォス情報社) amazonでみる ⇒

医師発信欄

ひもろぎグループのTwitter:https://twitter.com/himorogi_group
市ヶ谷ひもろぎクリニックFacebook:https://www.facebook.com/hgichigaya
(更新日:2016年12月6日)

同じ疾病を専門とする医師一覧