気道確保は「頭下げて・あご上げて」

気道確保には、傷病者を仰向けにして、傷病者の顔の横の位置に座ります。片手で傷病者のおでこを押さえて頭を軽く反らせながら、もう一方の手の指先をあごの先端の硬い骨の部分に添えて、持ち上げます。このとき、あごの下のやわらかい部分を圧迫しないように注意しましょう。傷病者の頭が下がり、あごの先端が上になってのけぞるような形になります。これで、のどの奥が広がり、空気(息)が通りやすくなります。この方法を「頭部後屈・あご先挙上」といいます。「頭下げて・あご上げて」と記憶すると覚えやすいでしょう。