A型急性肝炎〔えーがたきゅうせいかんえん〕

[原因]
 A型肝炎ウイルスの感染経路は、主として経口感染であり、ウイルスに汚染された水や貝類、特にカキの生食が原因となります。
 井戸や河川などの水を飲料水としている地域では、水源がA型肝炎ウイルスに汚染され、肝炎の大流行が生じることがあります。経口的に体内に侵入したウイルスは肝臓にたどり着き増殖します。1カ月ほどのいわゆる潜伏期ののち発症しますが、この間にウイルスは胆汁を介して糞便(ふんべん)中に排泄され、あらたな感染源となります。

[症状]
 感染から発病までの潜伏期間は2~6週間、平均1カ月です。発熱、関節痛などの“かぜ”のような症状、食欲低下、吐き気、嘔吐(おうと)などの消化器症状、全身倦怠(けんたい)感などがあらわれ、1週間ほどで黄疸(おうだん)が出現します。
 ほかのウイルス性肝炎とくらべ、発熱の頻度が高く、冬季に多発するという特徴があります。後者は、生ガキの摂取と関連していると考えられています。

[診断]
 生体は体内に侵入したウイルスなどの異物に対して、免疫反応として抗体を産生します。通常、感染初期には、IgMというタイプの抗体が一過性に産生され、IgGタイプの抗体が遅れて出現してきます。A型肝炎ウイルスに対する抗体(HA抗体)についても同様であり、IgM型HA抗体が血液中で検出されれば、急性A型肝炎と診断されます。IgM型HA抗体は、発症後1週間以内に出現し、3カ月ほどで消失します。
 なお、IgM型HA抗体が検出されず、IgG型HA抗体のみ検出される場合は、過去にA型肝炎に罹患(りかん)したことを意味しており、A型肝炎に対して免疫状態となっており二度とかからない状態であることを意味します。

[治療]
 特別な治療は必要としませんが、病初期には安静、臥床(がしょう)が原則であり、入院治療とします。
 臥床によって肝臓への血液の流入がよくなり、肝臓の修復が促進されます。消化器症状が強く、食欲がない間は点滴によって糖分やビタミン類の補給をおこないますが、回復期には、肝臓の修復を促進するため高たんぱく食とします。
 通常、1~2カ月で治癒し慢性化することはありませんが、時に6カ月以上にわたり遷延することがあります。また、まれに劇症化する例がみられます。

[予防]
 HA抗体を保有している人は、A型肝炎に免疫状態となっており、二度と罹患することはありません。わが国におけるHA抗体の保有率は高年齢層にかたより、20歳以下の若年齢層ではほとんど抗体を保有していません。
 これは衛生環境の向上のため、A型肝炎の発生が減少していることによります。HA抗体をもたない人が、東南アジアなどA型肝炎の流行地へ滞在する場合は、生水や生ものに注意する必要があります。
 また、わが国で使用されている免疫グロブリン製剤には、HA抗体が大量に含まれており、この投与を受けることで感染を予防することができます。しかし、その効果は一時的であり、3カ月ほどしか持続しません。免疫グロブリンは現在ではあまり使用されず、A型肝炎ワクチンに代えられつつあります。ワクチンは0.5mL(0.5μg)を2~4週間隔で2回投与します。15日ほどで防御作用を示し、その防御効果は1年間持続します。24週後に追加免疫をすれば95%に抗体が出現し、長期間持続します。
医師を探す