がんの進展

 がんのひろがりかたをがんの進展形式といいますが、これには大きく4種類あります。直接浸潤(しんじゅん)、リンパ行性転移、血行性転移、播種(はしゅ)性転移です。
 がんが隣接する臓器に直接ひろがる場合、通常は隣接臓器の組織と組織の間に入り込むようにひろがり、これを直接浸潤と呼びます。良性腫瘍は通常、膨張性に発育するため、隣接臓器を圧迫するようなかたちでひろがります。
 リンパ行性転移とは、がん細胞がリンパ管に入り、リンパ流にのってリンパ節に飛び火するものです。リンパ行性転移は、通常、がんの存在する臓器の近くのリンパ節から起こり、しだいに遠くのリンパ節に転移すると考えられています。
 がんを根治的に切除する場合、直接浸潤とリンパ行性転移を念頭に置いた手術がなされます。すなわち、がんの存在する臓器のみを切除するのではなく、その周囲のリンパ節もいっしょに切除するような術式が選択されます。
 血行性転移とは、がん細胞が血流にのってほかの臓器に飛び火するもので、肝臓、肺、骨、脳などに転移がみられます。
 播種性転移とは、種をまいたようにがんがひろがる状態で、たとえば胃がんが進行した場合、腹腔(ふくくう)内に小さながんのしこりを多数みとめることがあり、また、食道がんで胸腔内に同じような状態がみとめられることがあります。
 血行性転移あるいは播種性転移がみとめられた場合、がんの病期としては進行した状態と判断され、一般的に病期Ⅳに分類されます。がんの病期
医師を探す