多重がん

 多重がんとは、同一の患者に独立してがんが複数発生した場合をいいます。転移あるいは再発は含まれません。一般的に、同一の臓器に多重がんが発生したときに多発がん、異なる臓器に発生したときに重複がんと呼びます。がん発生の順序により、一次がん、二次がん、三次がん……と呼ばれます。
 多重がんの定義は、1932年にワレンとゲーツによりなされており、①それぞれの腫瘍ががんと確定診断されていること、②それぞれのがんが離れて存在していること、③一方のがんが他方のがんの転移ではないこと、の3点があげられています。
 最近のがん治療の進歩により、がんになっても治ったり、それ以上悪くなったりしないケースが多くなってきました。1回がんに罹患(りかん)した人は、環境の関与やその人が本来もっている素因などによって、もう1回がんに罹患することがふえてきています。このようなことから、多重がんの現状を知っておくことは、次に備えるという意味からもとても大切なことといえます。
 多重がんの発生原因として、環境の関与によるもの、個体の素因によるもの、一次がんの治療に関係するものがあります。これら3因子の1つが多重がん発生に単独で関与している場合もありますが、相互に関与することもあります。たとえば、個体の素因によるものは厳密には遺伝性疾患によるものを指しますが、がん発生には環境因子が密接に関与し、両者の間を明確に区別することが困難な場合があげられます。
 環境因子の関与によるものの例として、喫煙あるいは摂取食物により発生するがんがあげられ、肺がん喉頭がん食道がん、口腔(こうくう)がん、咽頭がんなどが代表的なものです。
 個体の素因が関与するものの例として、多発性皮膚がんや成人T細胞白血病などがあげられます。素因ならびに環境因子が関与する例として、ホルモン動態あるいは食習慣が関与しているとされている大腸がん子宮体がん乳がん卵巣がんなどがあります。
 一次がんの治療に関係するものの例として、放射線療法あるいは化学療法に関係する二次がんがあげられます。放射線療法後の二次がん発生の例として、子宮頸(けい)がん治療後の直腸がん、子宮体がん治療後の白血病、乳がん治療後の肉腫や食道がんがあげられます。
 化学療法後の二次がん発生の例としては、ホジキンリンパ腫(悪性リンパ腫)治療後の白血病、多発性骨髄腫、あるいは乳がん、卵巣がん治療後の非リンパ性白血病などです。
医師を探す