抗がん薬

■抗がん薬の作用メカニズム
 抗がん薬はがん細胞の増殖を抑えるはたらきをもった薬あるいは物質の総称です。抗がん薬の多くは時間依存型薬剤と濃度依存型薬剤の2種類に分けられます。
 時間依存型薬剤は細胞周期に関連してその効果を示します。細胞周期とは、細胞が分裂して2倍の数になる過程を1つのサイクルとしてとらえた概念で、DNA合成準備期(第1間期:G1期)→DNA合成期(S期)→細胞分裂準備期(第2間期:G2期)→細胞分裂期(M期)→G1期のサイクルからなっています。1つのがん細胞は細胞周期を1周することで2つのがん細胞となり、倍々にふえていきます。

 時間依存型の抗がん薬はこの細胞周期のG1→Sにはたらき、その進行にブレーキをかけることで効果を示すと考えられています。がんは多数のがん細胞で構成されています。そして、それぞれのがん細胞は細胞周期のいろいろな期にあるため、G1→Sにはたらく抗がん薬は長時間にわたる投与によってより高い効果を示すことになります。
 いっぽう、濃度依存型薬剤は細胞周期とは無関係に細胞を障害するはたらきをもっています。したがって、このような薬剤はなるべく高い濃度で使用したほうがより強力な効果を期待できることになります。そして体内の血液中で高い濃度を保つためには、短時間で投与するほうが望ましいことになります。
 5-フルオロウラシル、メトトレキセート、ヴィンクリスチンなどは時間依存型抗がん薬の代表例です。また、シクロホスファミド、マイトマイシンC、アドリアマイシン(ドキソルビシン)などは濃度依存型抗がん薬の代表例です。

■抗がん薬の副作用
 抗がん薬は細胞分裂を抑制したり、細胞に直接障害を与えたりする作用をもっていますので、当然正常な細胞にも多かれ少なかれ障害をもたらします。特に細胞増殖のさかんな骨髄(血球細胞をつくるところ)や消化管粘膜、そして毛根(毛母細胞)など。また、薬剤を分解して体内から排出する機能をもつ肝臓や腎臓に障害をもたらす可能性があります。
 骨髄が障害されると白血球の数が減少し、重篤になると細菌感染に対して抵抗力がなくなり、肺炎などが原因で致命的となることもあります。消化管粘膜が障害されると、口内炎や胃腸障害による下痢が起こってきます。抗がん薬を多量に用いればそれだけ副作用もふえることになります。抗がん薬の効果と副作用のバランスを考えて用いることが重要といえるでしょう。

■抗がん薬は効くのか
抗がん薬を用いた場合、固形がんそのものが縮小するという意味では効果が確認されています。しかし、がんが縮小しても完全になくなってしまうとは限らず、抗がん薬を使い続けても、いったん縮小したがんが再度増殖する可能性もあります。
 また、進行がんでは手術によって肉眼的には病巣を完全に切除できたと判断されても、再発することがあります。目に見えないがんが細胞レベルで体内に残っているために再発してくると考えられています。このような場合に、予防的治療として抗がん薬を用いる方法が術後補助療法の一つです。
 抗がん薬の使用によって生存期間が延長するのかどうかについては、欧米を中心に大規模な臨床試験がおこなわれてきています。その結果、再発あるいは切除不能の大腸がんでは、抗がん薬が生存期間を延長するということがわかっています。
 術後補助療法として抗がん薬を用いた場合、生存期間の延長が保証されるのかどうかについては確定的な結論が得られていませんが、一部のがん(直腸がん、乳がん)でその効果が報告されています。
 今後の課題として、抗がん薬が効果を示すがんと効果を示さないがんが選別されなければなりません。これは単に、がんの種類を選別するのではなく、個人個人のがんについてその効果を予測して、効果が期待できる場合のみに抗がん薬を使用するという方策を意味しています。現在こうしたオーダーメードの治療ができるような研究がなされています。

■新たながん治療薬
 免疫のはたらきを用いてがん細胞を排除する新たな治療薬として、免疫チェックポイント阻害薬という薬が開発され実際に使われています。免疫チェックポイントとは、過度な免疫反応を引き起こさないようにするはたらきのことです。自分のからだに備わっている免疫細胞はがん細胞を自分のからだの細胞とは異なる異物として認識し、排除しようとします。これに対して、がん細胞は特別な分子をつくり、免疫チェックポイントにはたらきかけ、からだから排除されないようにしています。免疫チェックポイント阻害薬は、このがん細胞の特別な分子のはたらきをストップさせる力をもった薬です。この薬は分子レベルでのはたらきをもっていますので、分子標的治療薬の一つでもあります。この薬(ニボルマブ)は2014年7月に製造販売が承認されました。しかし薬の値段が高いため、診療報酬体系に大きな影響を与える可能性があり、今後の課題となっています。
医師を探す

他の病気について調べる