がん性疼痛治療薬

 がん性疼痛(とうつう)治療薬として基本的鎮痛薬と鎮痛補助薬があります。非オピオイド鎮痛薬は末梢作用の鎮痛薬で、アスピリンが代表的な薬です。解熱作用や炎症を抑える作用をもち、軽度ないし中等度の痛みに用いられます。骨転移痛に対して除痛効果が大きいといわれています。
 オピオイド鎮痛薬とは、中枢のオピオイド受容体に作用して鎮痛作用を示す鎮痛薬の総称で、コデインやモルヒネが代表的な薬です。モルヒネ作用のみをもつ薬(アゴニスト)と、モルヒネ作用のほかに、アゴニスト投与と同時または直後に投与すると、アゴニストの効果に拮抗する作用をもつ薬(アゴニスト・アンタゴニスト)とがあります。両者の併用を避けることが重要です。
 いっぽう、鎮痛補助薬とは、本来の疼痛に対して使用される薬剤ではなく、がん性疼痛に伴い出現してくる症状の緩和に用いられる薬剤をいいます。

■非オピオイド
 非オピオイドは軽度の疼痛に使用する薬剤で、通常ある時期に強オピオイドへの移行が必要となります。末梢性作用を主体とした鎮痛薬で、局所のプロスタグランジン産生を抑制することで鎮痛効果を示します。オピオイドとの併用で鎮痛効果が増強されるため、併用しても特に問題はありません。
 具体的な薬剤として、アスピリン、アセトアミノフェン、ナプロキセン、インドメタシン、イブプロフェン、ロキソプロフェンナトリウムなどがあります。

■弱オピオイド
 弱オピオイドは軽度から中等度の疼痛に使用される薬剤ですが、使用の要否については統一見解が出ていません。弱オピオイドが少量のモルヒネで代替でき、しかもその使用期間が比較的短いことにより弱オピオイドの使用をがん性疼痛の治療指針から削除している国もあります。
 いっぽう、モルヒネ使用に対する規制が非常にきびしい国もあり、またモルヒネの経口用製剤が入手できない国もあることから、WHOでは弱オピオイドの使用をがん性疼痛の治療指針に組み入れた経緯があります。
 具体的な薬剤として、リン酸コデイン、ジヒドロコデイン、ブプレノルフィン、ペンタゾシン、トラマドールがあります。

■強オピオイド
 具体的な薬剤として、モルヒネ、オキシコドン、フェンタニルなどがあります。モルヒネの注射投与法しかなかった時代には呼吸抑制作用に代表されるような副作用のため、危険な薬剤との認識がありました。
 しかし、経口錠剤の出現により、安全で有効性の高い薬剤として受け入れられつつあります。特にオキシコドンが2003年5月にわが国で承認されたことによって、医療用麻薬に対する誤解や偏見が回避できるようになってきたとともに強オピオイド製剤を選択できるようになりました。
 強オピオイドの投与量の増量に従い、鎮痛作用→中枢作用(吐き気、腸蠕動〈ぜんどう〉低下)→眠気作用→呼吸抑制作用の順にその作用があらわれます。鎮痛に最適な強オピオイド量には個人差があり、眠気がみられず鎮痛が得られる量を指標とすべきで、特定の量に規制されるべきではありません。したがって、投与適量には個人差があります。
 なお、強オピオイドには有効限界がなく、鎮痛効力が不十分な場合は必要量だけ薬剤増量が可能です。
 副作用としては、便秘が代表的なものです。強オピオイドの投与開始と同時に緩下薬(腸蠕動刺激薬)を併用し、強オピオイド投与を中止するまで続ける必要があります。
医師を探す