男性の更年期障害〔だんせいのこうねんきしょうがい〕

 男性更年期はテストステロン(男性ホルモン)の低下によって起こる加齢男性性腺機能低下症候群(late-onset hypogonadism:LOH症候群)です。テストステロンの分泌低下の結果として、体質の変化があらわれます。筋力や性欲、性機能、骨密度の低下、脂肪蓄積不眠、うつ状態などがひき起こされます。
 こういった体質変化は加齢のためのやむをえない変化と考えられてきましたが、最近ではホルモン補充療法により、これらを克服しようとの試みがおこなわれています。
 外国ではテストステロン製剤によるホルモン補充療法が盛んにおこなわれていますが、日本でも「メンズヘルス外来」や「男性更年期外来」を標榜する一部の泌尿器科では、男性ホルモンの補充療法がおこなわれています。
テストステロンの補充により、性欲の増強やED〔勃起(ぼっき)不全〕、倦怠感、ほてり、不眠などの身体症状が改善されます。ただし、前立腺がんの発生リスクも高まるので、慎重に治療していく必要があります。
なお、治療に使用する薬には注射薬や経口薬、塗り薬などありますが、日本では注射薬のみが保険適用となっています。
医師を探す