冷え性(症)〔ひえしょう〕

 からだのほとんどの部分は温かいのに、手足、腰、腹部など特定の部位だけが冷たい状態が続くこといいます。血行不良ともいえます。西洋医学では病気とは扱っていません。したがって、病気として判断されたときに用いる「症」という字ではなく「性」と書くことが多いのです。
 冷え性になると、手足が冷えるだけではなくいろいろな症状がでてきます。血行がわるくなり頭痛やひどい肩こりなどが起こったり、自律神経のバランスがくずれることにより胃がもたれる、生理不順、いらいらする、かぜをひきやすいといったことが起こったり、代謝がわるくなって肌荒れが目立つなどという症状があらわれたりします。また、集中力の低下、貧血や易疲労感(疲れやすい)なども起こり、手足が冷えて眠れないこともあります。
 冷え性を改善するには、手足が冷えないような適切な環境で生活することが大切です。
 なお、漢方薬で治療する方法もあります。例えば、足腰の冷え、むくみ、めまい、月経不順、月経痛のあるときには当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)を、手足のさきが冷え、冷えると腹痛、腰痛が起こる人には当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)を、貧血ぎみで肌やくちびるが荒れ、体力がなく疲れやすい人には十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)を用います。
医師を探す