2013年に心不全で亡くなったNHK記者の佐戸未和さん=当時(31)=が過労死の労災認定を受けていた問題について、木田幸紀放送総局長は23日の定例会見で、「両親の思いも真摯(しんし)に受け止め、働き方改革を進めていきたい」と述べた。
 NHKは14年5月に労災認定されていたことを今月4日に公表。上田良一会長は5日の定例会見で、「両親の代理人から公表は望んでいないと聞いていた」と釈明した。
 一方、佐戸さんの両親は13日、「非公表は希望していない」と反論していた。木田総局長は「ご両親の言葉は重く受け止めたい」と述べるにとどめた。
 また、佐戸さんの父が「(当時の上司から)記者は個人事業主のようなもので、裁量労働のようなものと言われた」と話していたことをただされたが、担当者は「具体的に述べた記録はない」と否定した。ただ、「自分のテーマを追い、広げるかは記者の裁量、やりがいにかかわる」とも説明。当時は事業場外みなし労働時間制だったにもかかわらず、裁量労働制と混同して労務管理をしていた可能性が出てきた。 (C)時事通信社