青森市民病院は26日、低血圧症状のある80代の入院患者の女性に誤って血圧降下剤などを投与し、女性が死亡する医療事故があったと発表した。病院はミスを認め、遺族に謝罪した。
 説明によると、女性は7月25日に心不全などで入院。9月24日の朝食後、別の患者が服用するはずだった血圧降下剤などを誤って飲んだ。20代の看護師が、錠剤を入れた容器に書かれた患者の氏名を確認せず、取り違えて渡したという。すぐに気付き集中治療室で治療したが、女性は10月14日に心不全で死亡した。 (C)時事通信社