他人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用いて目の難病患者を治療する世界初の臨床研究を行っている理化学研究所などの研究チームは1日、予定通り患者5人への手術を終えたと発表した。
 チームは3月、視野がゆがみ失明の恐れもある「滲出(しんしゅつ)型加齢黄斑変性」の患者に、拒絶反応を起こしにくい特殊な免疫の型を持つ人のiPS細胞から作った網膜の細胞を移植する手術を開始。1日までに5人への移植を終えた。
 チームは1年間経過を観察するとして、「現時点では手術の経過など一切の情報の公表を差し控える」としている。 (C)時事通信社