公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2日、2017年7~9月期の運用益が4兆4517億円になったと発表した。黒字は5四半期連続。堅調な企業業績などを背景にした世界的な株高が追い風となった。運用実績を示す収益率は2.97%だった。
 運用損益の内訳は、国内株が1兆7959億円、外国株が2兆349億円の黒字。期末の日経平均株価が2万円台に達し、米ダウ工業株30種平均も2万2000ドルの大台を超えるなど、内外の株価上昇が寄与した。国内債券も748億円の黒字に転換。外国債券は5399億円の黒字だった。 (C)時事通信社