化粧品大手のポーラ(東京)は7日、肌が美しい女性の多い都道府県を順位付けした「ニッポン美肌県グランプリ2017」を発表した。富山が初の1位となり、2位に同じ北陸地方の石川が入った。3位は秋田だった。
 富山は「きめが整っている」「しみができにくい」などの項目で高得点を獲得。前年は8位だったが、「調査期間の降水量が最も多かったことが肌の潤いにプラスになった」(ポーラ)という。
 石川と秋田は前年6位、5位からそれぞれランクアップ。前年1位だった広島は10位、群馬は2年連続の最下位。
 調査は、ポーラが2016年9月~17年8月に集めた女性の肌データ約66万件を分析。「肌が潤っている」など肌の美しさを判断する8項目の合計値から都道府県別に偏差値を算出した。 (C)時事通信社