がんの発症につながる可能性がある遺伝子変異を短時間で解析する手法を開発したと、東京大の間野博行教授や高阪真路特任助教らの研究グループが発表した。論文は15日付の米医学誌サイエンス・トランスレーショナル・メディシンに掲載された。
 遺伝子の研究が進んだことで多くの変異が見つかるようになったが、発がん性の有無など詳しい分析は追い付いていない。新たな解析手法は、抗がん剤の開発などを促進すると期待される。
 新たな手法は、調べたい遺伝子変異に目印を付け、細胞に導入。培養して細胞が増殖すれば目印も増え、発がん性があると分かる。一方、細胞に抗がん剤を投与して目印が減れば、薬の効果を確認できる。同時に100種類以上の変異を解析できるため、1種類ずつ調べる従来の手法より大幅に早く結果が分かる。 (C)時事通信社