厚生労働省は16日までに、紹介状なしで大病院を受診した患者に5000円以上の追加負担を求める制度について、対象病院を広げる方針を固めた。現在の対象は500床以上(262病院)の大学病院などだが、400床以上の病院に拡大。新たに約150病院増える見通し。追加負担額は変更しない。早ければ2018年度から実施する。
 紹介状なしで受診した患者に、窓口負担(原則1~3割)とは別に追加負担を求める制度は16年度にスタート。病院に初診時に5000円以上、再診時に2500円以上の徴収を義務付けている。大病院は重症者向けの専門医療に専念し、診療所や中小病院で軽症者を診るという形で役割分担を明確にする。
 ただ、追加負担の金額については、社会保障審議会(厚労相の諮問機関)で「引き上げによる効果が不明」との意見が相次いだため、現行の5000円以上に据え置くことにした。また、救急患者らには引き続き追加負担を求めない。 (C)時事通信社