【ビジネスワイヤ】米バイオ技術企業のプロジェニティは、株式と負債で構成される1億2500万ドルのシリーズB資金調達を完了したと発表した。既存の投資家のアシリアム・キャピタル・マネジメントが管理するファンドが、主幹事を務めた。調達した資金は、消化管プラットホームの開発加速や、女性医療市場向けのメニューとサービスの強化に使用される。(C)時事通信社