自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は17日、東京都内で講演し、待機児童対策として安倍晋三首相が経済界に3000億円の負担を求め、経団連などが受け入れを表明したことについて、「おかしいことはおかしいと言える経済界であってほしい」と苦言を呈した。
 小泉氏は「(首相が)賃上げをしてくれと言ったら賃上げする、足りないからお金を出してくれと言われたらお金を出すのか」と指摘。「企業の役割として、いくら負担するのかという議論があった上で、3000億円に落ち着くのが本来の姿だ」と強調した。 (C)時事通信社