東京都の小池百合子知事は17日、厚生労働省が受動喫煙対策を強化する健康増進法の改正に当たり、店舗面積が150平方メートル以下の飲食店で喫煙を認める案を検討しているとされることについて、「本当にやる気があるのかということを問いたい。何もしませんと言っているのに等しいのではないか」と批判した。
 小池氏は同日午後、都が目指す国際金融都市構想などをPRするために訪れたシンガポールから帰国し、羽田空港で記者団の取材に応じた。都は独自の受動喫煙防止条例を検討している。 (C)時事通信社