生後7カ月の長男を抱いた女性議員が本会議に出ようとして止められ、開会が遅れる事態が22日、熊本市議会であった。市議会規則は議員の子が議場に入ることを想定しておらず、議長らと押し問答になったため。市議は、仕事と子育ての両立について問題提起する意図だったという。
 この市議は、無所属の緒方夕佳氏(42)。同日は11月定例会の初日で午前10時開会予定だったが、長男の退席を求める沢田昌作議長らの要請を緒方氏が拒否。押し問答の末、傍聴席にいた友人に預け、約40分後に開会した。
 緒方氏は記者団に対し、妊娠中から事務局に相談していたものの「個人でベビーシッターを雇うよう言われた」と説明。「子育て世代が働くには、助けてもらう仕組みがないと難しい」と訴えた。
 沢田議長は「ルールを無視して混乱させた」としながらも、子育てしながら活動できる議会づくりに向け、「議会運営委員会などで話し合うきっかけになれば」と述べた。 (C)時事通信社