厚生労働省は24日、救急や重症患者向けの入院ベッドについて、診療報酬の算定ルールを見直す方針を固めた。看護師の配置人数が多いほど報酬を高くする仕組みから、提供する医療の実績に応じて支払う形に変える。高齢化や予防医療の進展で緊急手術が必要な患者数の減少が予測されるため、重症患者向けの入院ベッドも減らす狙い。2018年度の診療報酬改定への反映を目指す。 (C)時事通信社