プチ整形など美容外科をめぐる消費者トラブルが相次ぐ事態を受け、医療機関の広告規制を見直している厚生労働省は29日の有識者会議で、ウェブサイト上などへの術前術後の写真や患者らの治療体験談の掲載を禁じる省令案と新ガイドライン(指針)案を提示し、大筋で了承された。一般の意見を募った上で、来年6月から適用する。
 単に術前術後の写真を掲載した広告は加工や修正の有無にかかわらず禁止し、イラストも対象。ただ、患者の知る権利への配慮から、治療内容や副作用のリスクなど詳細な説明があれば規制の対象から外す。体験談も個人が行う口コミサイトなどは対象外だが、医療機関が広告料を払っていれば規制対象とする。
 具体的な禁止例も明示した。「どんなに難しい症例でも必ず成功します」は虚偽広告、著名人の推薦をうたった宣伝は比較優良広告に当たる。「ただいまキャンペーン実施中」「治療し放題プラン」など費用を強調した広告もできなくなる。 (C)時事通信社