2015年に平均寿命が最も高かった都道府県は、男性が滋賀の81.78歳で、女性は長野の87.67歳だったことが13日、厚生労働省の調査で分かった。調査は地域差を分析するため1965年から5年ごとに実施され、滋賀は初の日本一。最下位は青森の男性78.67歳、女性85.93歳だが、トップとの差は共に過去最小の男性3.11歳、女性1.74歳に縮まった。
 医療の進歩や健康志向を背景に、平均寿命は前回の10年調査から全ての都道府県で延びた。厚労省の担当者は「低い県でも対策を講じ、全体として底上げされている」とみている。
 男性の平均寿命は、前回2位の滋賀が1.20歳延び、5回連続トップだった長野の81.75歳を上回った。3位以下は京都81.40歳、奈良81.36歳、神奈川81.32歳など。女性は長野が2回連続で1位、岡山は0.002歳差の2位で、島根87.64歳、滋賀87.57歳、福井87.54歳などが続く。
 最下位の青森は男性で9回連続、女性で4回連続だった。
 寿命の延びは、長崎の男性1.50歳が最も高かった。1歳以上の延びで見ると、女性は鳥取の1.19歳に限られるが、男性では青森でも3番目に高い1.39歳の延びを示すなど37都道府県に上った。 (C)時事通信社